<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
melissa
f0024978_23382284.jpg
ブラジル発の、rubber shoe maker「melissa」。ブラジルに来るまで知らなかったブランドですが、夫の会社関係や現地の知人の「強力な一押しブランド」ということで、早速サンパウロの路面店に行って見ることに。

f0024978_23382245.jpg
柔らかいゴム製のシューズは、足にフィットして履き心地抜群。ゴム製ならではの、カラーバリエーションと可愛いデザイン。しかも、香り付き。もう、いきなりイチコロ(笑)。全て買い占めたい衝動にかられるのですが、サイズ6は、ブラジルで最も平均的なサイズなので、どのデザインも売り切ればかり。やっと見つけた二足をとりあえず購入しました。

f0024978_23391967.jpg
モザイクハートが付いた、黒のフラットは、逆さから見ると、ちょっぴりインベーダーゲームの要塞風(笑)。じわじわと虜になるデザイン。最初は、今一つのような気がしたけれど、今ではすっかりお気に入り。"とりあえず買ってみる"方法が、今回は珍しく功を奏しました。
by satchi_nakajima | 2014-01-29 12:35 | ファッション
havaianas
f0024978_4324943.jpg

f0024978_4331581.jpg
ブラジルと言えば、havaianasのビーチサンダル。早速、サンパウロ市内の路面店へ。

f0024978_4333948.jpg
アメリカと違って、種類が豊富で、よりどりみどり。散々迷って、子供達と自分に三足購入。

f0024978_4343282.jpg
上の子には、VWのビートル(免許が取れたら買ってと、日頃からうるさいので)のチャームを付けてカスタマイズ。

f0024978_4345992.jpg
下の子には、ブルーのジュエル。

f0024978_4353638.jpg
自分には、ブラジルの国旗。こういうことが大好きな私は、これごときで上機嫌(笑)。ホテルに戻ると、「僕には?」と夫。ビーチサンダルなんて履くキャラクターだと思っていなかったんだけど・・・。忘れてごめん。
by satchi_nakajima | 2014-01-27 17:31 | ファッション
サンパウロ
f0024978_2225627.jpg

f0024978_2235373.jpg

コスタリカから帰ってきて3週間。子供達の面倒を人に押し付け、今度はブラジルのサンパウロに。振りがついたら止まらない(笑)。2014年は、年頭からすっかりラテンアメリカに馴染んでいます。
by satchi_nakajima | 2014-01-27 10:44 | 旅行
table setting
f0024978_5285139.jpg
写真を整理していて見つけたので、今更ながらサンクスギビングのtable setting(遅過ぎ)。”凝り始めると止まらない”私の最近のブームは、フレンチカントリー。もう何でもフレンチカントリー。これでもかという感じ(笑)。しつこいくらいがちょうどいい。



人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by Satchi_Nakajima | 2014-01-20 05:27 | インテリア
El Remanso Rainforest Wildlife Lodge
f0024978_13531848.jpg


森の中の簡素な飛行場から、ジープに揺られてさらに45分。やっと着いた、El Remanso Lodge。熱帯雨林のジャングルの中にキャビンが6棟と、客室が6室あるだけの小さなロッジ。そのキャビンに五日間滞在することに。

El Remansoは、環境を破壊せず、維持しているホテルとして世界的にも有名。ロッジで使われる電力は全て、水力を利用した自家発電。アメリカの平均的な家で一日に使われる半分の電力で、ロッジ全体の電力をまかなっています。そのため、インターネットもテレビも無し。使える電力は、携帯電話やカメラの充電のみ。ヘアードライアーも使えません。ロッジのレストランで出される食事は、すべてオーガニックの食材が使用され、飲料水は川の水が利用されています・・・と、ここまで書くと、まるで私の趣向とはかけ離れた感じ。というか、かなり正反対(笑)。

f0024978_14143321.jpg
f0024978_14215629.jpg


キャビンには窓ガラスはなく(鳥がぶつかってくるのを防ぐため)、木製のシャッターと網戸がついているのみ。ベッドに横になると、虫やカエル、動物の鳴き声が聞こえ、まるで外で寝ているよう。一日目は、慣れない環境に目が冴えて、なかなか寝付けませんでした。ようやくウトウトし始めたら、熱帯雨林特有のスコール。バケツをひっくり返したような大雨。この世の終わり位の量が降り、大轟音。夜明け近くなって寝付いたら、今度は、謎の怪しい叫び声。「What the heck is that.....?」と家族で途方に暮れる始末。

正体は、Howler Monkey。初日は、びっくりしたけれど、今となってはとても懐かしい吠え声(笑)。夜明けとともに、ジャングル中に響き渡り、神秘的と言えば、神秘的。うるさいと言えば、うるさい・・・。

という訳で、髪の毛は洗いっぱなし、お化粧もあまり意味がないので無し、もちろんハイヒールも無し、で始まったコスタリカの旅。まだまだ続く(笑)。



人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by Satchi_Nakajima | 2014-01-19 14:11 | 旅行
熱帯雨林
バケーションと言えば、ヨーロッパの都市や、サンゴ礁に囲まれた南の島へ行くのが好きな私。シエラネバダの山奥とか、ヨセミテの森の中でキャンプなんてもってのほか。大自然には触れたくないどころか、大自然は最も避けたいタイプ。

それが何を血迷ったか、子供達と夫に惑わされ(騙され)今冬のクリスマス休暇は、シエラネバダを一気に飛ばして、いきなりコスタリカのジャングルに行くことに同意してしまいました。もう、魔が差した、としか言いようがありません。

f0024978_22452866.jpg

f0024978_2246467.jpg


という訳で、上の子の期末試験が終わった日の夜の便でサンフランシスコを出発。サンサルバドル経由でコスタリカの首都サンノゼ到着すると、待っていたのは、小さなプロペラ機。12人乗り。しかも、プロペラは、機体の先端に、扇風機の様にちょこんと付いているのみ。

f0024978_2312582.jpg

f0024978_2325586.jpg


でも、大きな旅客機のように閉鎖された機内じゃないせいか、意外と怖くなく、写真まで撮れた余裕の45分(笑)

f0024978_2395653.jpg


空港は、管制塔もなく、簡素な滑走路が森の中に一本あるのみ。

f0024978_23145541.jpg


チェックインカウンター兼空港ターミナル兼バゲッジクレームで、スーツケースを受け取り、ここからジープで更に奥へ。熱帯雨林のジャングルはそう簡単には近づけないのです・・・。次回に続く(笑)
by satchi_nakajima | 2014-01-01 21:52 | 旅行