<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
忘れかけていた大切なこと
f0024978_13161474.jpg

この夏、日本語で読んだ本の中から、感銘を受けたものを一冊。「忘れかけていた大切なこと 渡辺和子著」

私の母校の大先輩にあたる著者。聖心女子大学を卒業後、上智大学の大学院を経て、修道院へ入り、ノートルダム清心女子大学の教授、学長を務めた後、現在ノートルダム清心学園の理事をされている渡辺和子先生のエッセイ集です。

心に残るページを折りながら読んでいたら、あっという間に折り目だらけになってしまいました。

その中でも、印象に残ったのが、「苦しみでなくなるように」という話。「苦しみ『が』なくなるようにと願うのではなく、苦しみ『で』なくなるように心がける」。苦しみ自体を無くすことは出来ないし、苦しみはどこにいても、何をしても、人間について回るもの。だからこそ、この生きにくい世を、少しでも生きやすく自分で工夫するべきだという著者。私は、見事に、苦しみ(というより、人生における障害は全て)『が』なくなるよう、常に願っていた一人....。『が』を『で』に変える発想は、全く思いつきませんでした。

そして、ある家庭の話。ある朝、中学生の息子が朝食もそこそこに家を飛び出して行くのですが、その際、床に置いてあった灰皿を蹴飛ばしてしまい、あたりは灰だらけに。
 
ある家庭では、
息子は「こんなところに灰皿を置いてるのが悪い」と叫び
父は「お前がギリギリまで寝ていて、急いで出て行くからだ」と叫び返し、
母は「あなたが、床の上に置きっぱなしにしているから」と畳み掛ける。

また、ある家庭では、
息子が「ごめんなさい」と言って、家を出て
父は「出したままにしておいてすまない」と謝り返し、
母も「私が片付けておけば良かった」と謝る。

言い訳をせず、すぐに「詫びる心」や「譲る心」は、忙しい日々の中では、つい忘れてしまいがち。それでも、お互いがすぐに詫びたことで、一方の家庭は、家族全員が清々しい気持ちで一日を始め、一方の家庭は、それぞれが怒りの感情を抱えることに。たった、一言。それだけで、お互いの一日を良くも悪くも変えてしまうのです。

私の場合、間違いなく、前者。朝の忙しい時に、子供がミルクをひっくり返したりしたら、「私が手伝ってあげなかったから」とは、絶対言えません....。

読後は、いかに「忘れかけていた大切なこと」がたくさんあるかに驚かされます。しかも、どれもこれも、今気付いて良かったと思えることばかり。明日からは、もっと優しい日々を送ることが出来ると、自信がつく一冊です。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-29 14:09 | Book Club
最近読んだ本
f0024978_13153958.jpg

夏の始めに読んだのが、「The Pact by Jodi Picoult」。隣同士に住む、幼なじみのEmilyとChris。17歳になり、友情はいつしか、恋愛感情へ。そして、その恋愛は悲劇的な結末に終わり、二つの家族を引き裂くことになるという話。Jodi Picoultと言えば、「My Sister's Keeper」で描いた人間模様が魅力的だったので、あっけない終わり方に、ちょっと拍子抜け....

そして、旅行の途中、空港のNews Shopで購入した「Playing for Pizza by John Grisham」。法廷を舞台とした作品で有名なJohn Grishamですが、これは法廷とは全く関係ない物語。Super Bowlをかけた試合で、大失態を演じ、Cleveland Brownsから解雇されたRick。NFL史上最悪なプレーと酷評され、選手生命が危ぶまれていたところ、拾ってくれたのが、イタリアの小都市Parmaのアメフトチーム。イタリアを全く知らないフットボールプレーヤーRickの視点から語られるイタリアの様子が、面白おかしく、あっという間に読める本です。

最後は、次回のBook Clubの本「The Greatest Thing Since Sliced Bread by Don Robertson」。1900年代半ばのアメリカ中西部を舞台に、9才の少年の生活が描かれる作品。帯には、「トムソーヤの冒険に並ぶ名作」とのコメント。まだ、最初の数ページを読んだだけですが、それだけでもかなり引き込まれる文章です。

続きを読むのが楽しみ.....なのですが、夏休みにのんびりし過ぎたせいか、早起きが辛く、夜は本を開いた途端睡魔に襲われ、そのまま寝てしまう日々。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-28 14:49 | Book Club
Compleanno (=誕生日)
f0024978_149576.jpg

何だかここまで律儀に毎年やってこられると、どうでもよくなってくる誕生日。もうこのトシになると、2年おきか3年おきくらいでもいい感じです(笑)。

という訳で、今日は、イタリア語講座を通してすっかり仲良くなったWendyとNancyが企画してくれた、バースデーランチへ。夏休みの間は、お互い子供の世話に追われていたので、久々の再会。「Tell us everything about your trip to Italy!」で始まったイタリア談義は、延々2時間半。今日は、講師のBarbaraも加わったので、最強のイタリア談義に。

実は、イタリアから帰って来て、結局一度もイタリア語のテキストを開く事なく、夏が終わってしまった私。ちょっとイタリア語わかりますレベルから、急降下状態。前世はイタリア人と吹聴するだけの怪しい日本人に逆戻りです(笑)。秋のクラスが始まるまで、あと2週間。ちょっと頑張ろうと自分に気合いを入れた誕生日でした。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-27 14:58 |
Fashion Watch Vol.6 
久しぶりにHollywood Fashion Watch。

f0024978_14374492.jpg

最近好きな格好は、何といっても、白のタンクトップにジーンズ+スカーフのスタイル。「何で、こんな暑い日にマフラーしてるの?」と子供達に言われようと、ものともせず(笑)。ただこの格好、Gisele Bundchenならともかく、ちょっとでも手を抜くと、あっという間に「虫採り少年」に。ノーメークで出掛けようものなら、スカーフもタオルに見えてしまうのが、玉にキズ....。

f0024978_14362163.jpg

どうしても、白のタンクトップにジーンズばかりが、目についてしまいます。この着こなし、ポイントはゴツめのベルト。ベルトがないと、やっぱり「虫採り少年」(笑)。それにしても、このジャケット、良い色....どこにでもありそうでない色です。

f0024978_14383464.jpg

これだけシンプルな組み合わせで、ここまで格好良く着こなせるのは、さすがVictoria Beckham。この人の場合、何を着ても(例え少々奇抜であっても)、自信を持って着こなすところが、すごいところ。

それはそうと、体育会系のはずなのに、どうしてこういうファッションが決まってしまうのか不思議なDavid Beckham。サッカー選手というのは、体型的にもファッションモデルに近いのでしょうか....。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-26 15:18 | ファッション
Abercrombieデビュー
f0024978_13491844.jpg

子供達は、明日から新学期。アメリカでは9月から新学年が始まり、二人は3年生と5年生に。とは言っても、日本で言えば、2年生と4年生の二人。まだまだ小さいと思っていたのに、こちらで5年生は、小学校の最終学年。「fifth grader」と言われる度、いちいち、しつこい位に愕然としてしまいます。

長かったようで、やっぱり短かった夏休み。気がつけば、もう終わり。真新しいバックパックがキッチンに並んでいるのを見ると、何だか寂しいような複雑な思い。一方で、ここ数週間は二人の喧嘩の仲裁に忙しい日々だったので、ちょっぴり嬉しいような気も....(笑)。

今日は、二人とも鼻歌まじりに、明日の用意。新しい服に、新しい靴、新しいイアリング。自分なりにコーディネートを考えて、何やら本当に楽しそうな様子。上の子は、今年念願のAbercrombieデビュー。と言っても、Abercrombie&Fitchではなく、子供服のAbercrombie(8才~15才向け)の方。去年くらいから、友達が着ているのを見て、本人はかなり気になっていたものの、サイズが合わず、長い間お預け状態でした。

今まで、私も普段着として着ていたAbercrombie&Fitch。上の子が着るようになったので、私もそろそろ卒業....。さすがに、親子で同じような服装をするのは、いくら家の中とは言え、気が引けます(笑)。と言う訳で、この秋は新たな普段着探しに、忙しくなりそうです。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-25 13:54 | Kids
smoothieブーム再燃
f0024978_13263945.jpg

しばらく下火になっていた、子供達のsmoothieブーム。どういう訳か、この夏一気に再燃。来る日も来る日も、ひたすらsmoothie。凝り始めると、しつこいのは親子でよく似ています(笑)。

レシピなんて大層なものはありません。冷凍された果物をその日の気分で、ブレンダーに放り込み、ジュースを加えてスイッチを押すだけ。全て、目分量。最近は、冷凍のイチゴとマンゴー、バナナ、そしてグアバジュースの組み合わせが子供達のお気に入りのよう。その日によって、味が違うのもご愛嬌と言ったところです。

もちろん、時には失敗も。特に、マンゴーとブルーベリージュースの組み合わせは、二人共飲み終えられなかった、かなり個性的な味わいでした(笑)。

果物だけでなく、野菜も一緒に摂って欲しいので、時々、子供達が見ていない隙に、にんじんを一緒にポイ。混ぜてしまえば、結構わからないもの。二人とも、涼しい顔して飲み終えるので、しめしめ....。でも、この作戦は見られたら最後なので、結構気を使います(笑)。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-22 13:27 |
語る
f0024978_15254622.jpg

怖いものの代名詞と言えば、一昔前までは、地震、雷、火事、親父。でも私の場合、地震や雷よりも、ましては親父なんかよりずっと怖いものが、飛行機。地震、雷はすっ飛ばして、とにかく飛行機。その次くらいに来るのが、ユウレイ(実は、漢字で書きたくない....字だけで怖い)。

映画「French Kiss」で、メグ・ライアン演ずる飛行機恐怖症の主人公が、そのためにセラピーを受けるシーンがあるのですが、あれに限りになく近いのが、私。航空工学専攻の夫には呆れられる一方ですが、本人としては真剣そのもの。いくら物理的な説明を聞いたって、鉄のかたまりが空を飛ぶのは、どうしても納得がいきません。

「血の流れが止まるから、そんなに強く腕掴むのやめてくれる?」と夫に言われるくらい、搭乗中は一点を見つめ固まったまま。そのうち気流の悪いところを通過するものなら、心臓バクバクどころか、過呼吸に。飛行機に乗る度に、寿命が確実に縮まっていくのを感じます。

ところが数年前、かかりつけの医師にバケーションの話の流れから、その話をちょこっとしたところ、「軽い安定剤を処方ましょう」の一言。でも、「こんな小さな粒ひとつで、長年闘ってきた恐怖心が消えるなら、世話ないし...」と、あまり信用していなかったのが事実。

それが何と、その小さな粒ひとつで、生まれて初めて快適な空の旅を満喫することに。機体が揺れ始めても、過呼吸どころか、「あら、揺れてるわ」(笑)。以来、ごく普通に飲み物を頼み、こく普通に機内食を食べ、ごく普通に映画を観る、ごくごく普通の真っ当な乗客に生まれ変わりました。それまで私と飛行機で旅行された方、大変ご迷惑おかけしました。この場を借りて、お詫び申し上げます(笑)。

.....と、数年前、その話を従妹にしたところ、「私は、注射」との答えが。「会社の健康診断で聞かされてなかった血液検査があって、注射器見てしゃくり上げて泣き出した挙げ句、過呼吸で倒れた。今でも、社内の語り草なんだよね....」

私の方が、結構まともかも.... 


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ


<写真> Hyatt Regency Tamaya* Resort & Spaにて。

story tellerが腰掛け、インディアンの長い歴史を今にも語り始めてくれそうな椅子。写真をながめているうちに、何故か、今日は自分語りに....(笑)

*Tamayaは英語表記。Tamaiyaがネイティブ表記。
by satchi_nakajima | 2008-08-21 15:16 | ひとりごと
インディアン式レンガ作り
f0024978_16124565.jpg

パン作りですっかり振りがつき、今度はadobe brick作りに参加。

f0024978_16134924.jpg

大きな素焼きのボウルの中に、乾燥した土の塊(と言うより、ほとんど石に近い)を入れ、皆でとにかく砕く。これが結構大変な作業。土ぼこりが舞う中、粉々になるまで約30分。最初は和気あいあいと、砕いていたのが、最後はもう必死。無言でひたすら砕く(笑)。

粉末状になったところへ、砂と干し草、水を入れ、混ぜる。このあたりになると、もう泥だらけ。あぁ、フレンチネイルの間に泥が....なんてことを心配している時間はありません。ひたすら、混ぜる。

f0024978_16142446.jpg

適度な固さに練られた泥を、木枠の中へ。

f0024978_1615330.jpg

虹のデザインのスタンプを上から押して、

f0024978_16152018.jpg

このまま一日、砂漠の太陽の下で天日干し。翌朝には、出来上がったbrickが部屋に届けられます。ホコリまみれ、泥まみれになって、作ったbrick。大切にくるんでカリフォルニアまで持って帰るつもりが、チェックアウトした際、見事にカウンターの下に置き去りにして帰って来てしまいました。子供達からは、非難轟々....。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-20 16:28 | 旅行
インディアン式パン作り
f0024978_13235342.jpg

という訳で、Tamaiyaインディアンに伝わる伝統的なパン作りのクラスに参加。

f0024978_13241716.jpg

材料は、小麦粉、イースト、ラード、水のシンプルなパン。Tamaiyaインディアンの女性がcultural instructorとして、インディアンの歴史を交えながら、パン作りを教えてくれます。

f0024978_1325192.jpg

pueblo brick ovenと呼ばれる、伝統的な釜に入れて待つこと一時間。

f0024978_13263459.jpg

思い思いの形のパンが出来上がり。クマのようなミッキーマウスのようなパンは、もちろん、うちの子供達の作品(笑)。

f0024978_13261279.jpg

こちらが、cultural instructorの女性が作ったパン。ぷっくりふくらんで、見るからに美味しそうです。

f0024978_13272297.jpg

焼き上がった後は、皆で試食会。様々なバターと、ラズベリージャムで食べる熱々のパン。ワイルドラズベリーから作られるこのジャムがまた、甘過ぎず素朴な味わいで美味。もちろん、自宅用に2瓶購入。(相変わらず、試食にはとことん弱い私)

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-19 14:32 | 旅行
Santa Fe
夏休みもあとわずか.....どころか、残り一週間。去り行く夏を惜しむかのように、ここ数週間は、旅行から戻っては、スーツケースを詰め直し、再び出発の繰り返し。先週は、この夏最後のバケーションで、New MexicoのSanta Feへ。

f0024978_13413577.jpg

初めてSanta Feを訪れたのは、10数年前。夫と大陸横断のロードトリップをした際に、寄ったのが初めて。初冬の雪がちらつく中、辿り着いたSanta Feの町は、まるで別世界。東海岸では目にすることのない、Adobeスタイルの家が雪に映えて、とても美しかったのが印象的でした。以来、すっかりNew Mexicoに魅せられ、機会があるごとに訪れています。

f0024978_1343354.jpg

今回滞在したのは、Tamaiya Indianの居住地内にある、Hyatt Regency Tamaya Resort & Spa。遠くには、Sandia Mountainsが見渡せ、Adobeスタイルが美しいホテルです。落ち着いた雰囲気ながらも、ファミリー向けのアクティビティーが数多く用意され、子供達を連れて行くのにもぴったり。ただうちの場合、逆にホテルから出たがらず、ちょっと苦労も...(笑)。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-08-18 14:08 | 旅行