<   2006年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧
コスチューム
いよいよ明日は、ハロウィーン。学校でも、ハロウィーンのパレードがあり、ハロウィーンにちなんだactivityが一日中行われます。子供達は、黒のマニキュアを塗ったり、コスチュームを再度チェックしたりと、準備に余念がない様子。

f0024978_13104483.jpg

下の子は、今年はダルメーション<101匹わんちゃん>に。写っていませんが、ダルメーションの耳のヘアバンドもあります。2年前にミシンを買い換えた際に、手作りしたコスチューム。

f0024978_1311118.jpg

上の子は、魔女。こちらの魔女は、「魔女の宅急便」のキキのように、可愛らしい魔女ではありません。黒かムラサキで、あくまでも怖〜いイメージ。

f0024978_13113138.jpg

顔を緑にペインティングして、黒のリップスティックを付け、クモの指輪を付けると張り切っている上の子。どんな魔女になるのやら....。

f0024978_1312673.jpg

「......で、これで何のつもりな訳?」と夫。
「rockの神様」 
「.........。」

一昨年はパンプキン、去年は魔女....今年は、なんとなくヒッピーやサイケがイメージに浮かんでいたのですが、何故か結局こうなりました(笑)。「rockの神様」は、学校の専属フォトグラファーでもあるので、この出で立ちで、明日は一日写真撮影。神様も忙しい。

Rock'n Roll Saves Lives!


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-31 14:08 | ファッション
ハロウィーンの下見
今日は教会のあと、子供達と"Trick or Treat"の下見に。うちの近所は、家と家の間が離れていて、効率よく"Trick or Treat"に回れないので、毎年友達のご近所にお邪魔するのが恒例。一軒一軒下見して、どの家に行くか戦略を練る子供達。たかだかキャンディーでも、子供達にとっては、短時間でどれだけ集められるか真剣勝負。

「ここの家はデコレーションに力を入れているから、キャンディーもいいのをくれそう。」
「ここの家、ちょっと怖いよ。絶対怖がらせる家。やめとこ。」
「ここの家、何もデコレーションしてないよ。じゃあ、パスだね。」

思わず吹き出しそうになるのをこらえながら、二人の会話を聞いていました。

以前住んでいた家では、毎年ハロウィーンに600~800人の子供達がTrick or Treatに来ていたので、凝ったデコレーションの家を見るとなんだか懐かしい気分。この時期になると、引っ越さなきゃよかったと、ちょっぴり後悔することも。キャンディーをもらいに行くのも楽しいけれど、あげる方もなかなか楽しいものです。

f0024978_1346493.jpg
f0024978_13462739.jpg
f0024978_13464479.jpg
ガイ骨がぶら下がっている家あり、お墓がある家あり、魔女が頭上からお迎えする家あり....見ているだけでも、楽しくなります。

f0024978_1358416.jpg
f0024978_1359913.jpg
f0024978_13592013.jpg
話し合いの結果、二人が行くのを拒否したお宅。上の子いわく、「あの扉から、絶対誰かが出て来て、嚇かすって!」 金曜日の夜、学校で行われたハロウィーンパーティーのお化け屋敷で、怖さのあまり不覚にも泣いてしまった上の子。再び泣くのは避けたいところ。

昼間の明かりだと、笑っていられますが、夜になって青白い光でライトアップされると、これが結構気味が悪くて、怖い。私も正直避けたいところ(笑)。

f0024978_142689.jpg

知り合いのお宅。デザイナー御夫妻のお宅なので、ハロウィーンのデコレーションもとてもスタイリッシュ。アドービースタイルの家に、大きなクモのコントラストが印象的。私が大好きなお宅のひとつです。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-30 14:57
Bad Hair Day
f0024978_12182144.jpg

"bad hair day"には欠かせない、ヘアバンド、ポニーテールにベースボールキャップ。最近は、なんだか"bad hair day"の日が多く、かなりのヘビーローテーション。シャワーを浴びた後、タオルを髪に巻いたまま、ついつい他のことに気を取られているうちに、タオルのクセがしっかりついてしまう日々...。

寒くなっていくこの時期、毛糸もいいかも、と買った帽子。ラスタマンっぽい感じが気に入ってます。色はもちろん、今年執着している黒。相変わらず、しつこい性格。からまれたら、あまり嬉しくない人物なのかも(笑)。


f0024978_14435672.jpg


後ろの方にかぶるのが好きなので、防寒には全然なっていません(笑)。防寒と言えば、先日シャーリングで有名なUGGの可愛い帽子を発見。とても気になっているのだけれど、カリフォルニアだと浮いてしまいそう。というより、きっと暑い。でも、欲しい....。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-27 14:53 | ファッション
ドングリと落ち葉
f0024978_1273248.jpg
「Memoirs of a Geisha」も読み終わり、ようやく祇園の世界から抜け出しました(笑)。日中は、暖かくても世間では秋。ドングリや落ち葉を集めてガラスの花瓶に入れてみるのも、なかなか秋らしくていい感じ。この時期、子供達とドングリや落ち葉を拾い集めるのは楽しいけれど、嫌なのが虫とのご対面。虫自体は平気なのに、野菜や果物からひょっこり出て来られるのは、大の苦手。ドングリに空いた小さな穴から、尺取り虫のようなものが顔を覗かせただけで、卒倒しそうになります。

f0024978_128443.jpg
そこで見つけたのが、虫が絶対出てこないドングリ。ドングリの帽子だけ本物で、実の方は固めの発泡スチロール製。落ち葉は、プリザーブされた本物の葉っぱ。加工されているので、日が経つにつれて変色してパリパリになることもありません。

f0024978_1282548.jpg
本物のドングリと落ち葉は、子供達に任せ、私はニセ物で十分満足。ただ、そのうち子供達が、本物とニセ物を混ぜてしまうじゃないかと、ちょっと疑心暗鬼。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-26 12:54 | インテリア
See'sのチョコレート
f0024978_1291973.jpg
1921年に「See親子」によって、カリフォルニアで創業されたSee's CANDIES。今では、すっかりアメリカの代表的なチョコレートメーカーのひとつに。宝石のように扱われている高級チョコレートとは違って、気軽に頬張れる"Granma's recipe"的なチョコレート。クリスマスシーズンになると、贈り物として買い求める人の長い列が、お店にできます。

普段はダークチョコレートしか食べない私ですが、見ているうちに、この素朴な可愛さに負けて買って帰って来たハロウィーン用のチョコレート。

f0024978_1295396.jpg

f0024978_12103686.jpg

黒のアイシングで描いただけのスマイルなのに、なんとも言えない愛嬌があります。こういうものは、写真を撮るだけで、なんだかハッピーな気分。今すぐ食べちゃうのは、もったいないような感じ。しばらくは、ガラスのカバーをかけて飾っておこうかな.....。

See's CANDIES、日本では東京の表参道と銀座、そして横浜の元町にお店があるそうです。さすが、おいしいものには敏感な日本!


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-25 12:37 |
秋のダイニングテーブル
f0024978_12362297.jpg
朝夕は、冷え込んで秋らしくなってきたものの、日中はかなり気温が上がる毎日。今日は、タンクトップでも平気なくらいでした。カリフォルニアは、温暖な気候で過ごしやすいけれど、季節感を出すのは難しいところ。

家の中だけでも、秋らしくしようと、ダイニングテーブルのワイヤーバスケットの中に、ミニかぼちゃとミニひょうたんを入れました。今まで、竹製のテーブルランナーを敷いていましたが、これも茶系にチェンジ。これにキャンドルを加えたら、秋のダイニングテーブルは完成。でも、キャンドル立て、どこにしまったんだっけ.....。

f0024978_12364895.jpg
いつものごとく、一回「クモかカラスが必要かも....」と口に出して言ってしまうと、もう気になって気になって仕方がない。カラスがパタパタと頭の周りを飛び回り続ける感じ。(笑)

でも、子供達の学校のハロウィーンパーティーのグッズを買い出しに行ったら、見つけました。カラス。それも、ちょうどいいサイズ。足に針金が付いていて、ちゃんと枝に止まれる親切ぶり。$3.99のカラスで、ここまで嬉しい気分になれるなんて、とても安上がり。

「何かいいことあった?」と聞かれて、さすがに「カラスが見つかって.....」とは答えられませんでしたが....。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-24 13:07 | インテリア
カリフォルニアの紅葉
朝晩は長袖が必要なものの、日中はまだまだ暖かく半袖で過ごせるカリフォルニア。山全体が紅葉するなんて光景は、見られないけれど、温暖な気候のカリフォルニアでも、紅葉する木があります。

f0024978_11285471.jpg

ただ、冬の到来を感じさせるような、ちょっぴり物寂しい光景ではなく、カリフォルニアの紅葉はなんだか陽気。赤く色付いた木の周りには、紫色のセージの花が咲き乱れ、ヤシの木なんかが後ろに見えると、賑やかでまるでお祭り気分。「感傷の秋」なんて気分には、とてもなれません。(笑)

しかも、4月から11月頃までほとんど雨の降らないカリフォルニアでは、雨期にあたる冬には、枯れ野や枯れ山が緑に変わり、まるで逆。茶色い夏と緑の冬。東海岸から引っ越して来た当初は、戸惑ったものです。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-23 12:19 |
読書の秋
日本でいう"本の虫"は、こちらでは"bookworm"。言語や文化は違っても、人間思いつくことは結構同じなのかも。英語で暮らしていると、時々日本語と同じような言い回しに出合い、思わずへぇ〜と思うことがあります。

小1から電車通学していた私は、正真正銘の(?)本の虫。何か一冊手元にないと、落ち着きません。子供達が寝たあと、紅茶を入れてどっかりとカウチに腰をおろし、本を開くのが、一日の疲れを取る一番の薬。

f0024978_11513378.jpg

邦訳「さゆり」の原本、「Memoirs of a Geisha」は、友人や知人から強力に薦められていたけれど、なかなか読む気が起こらなかった一冊。日本関係の本は、間違った言い回しや意味不明の日本語が出て来た途端、読む気が一気に失せてしまうのが理由。ところが、1ページ目から、思いっきり引き込まれ、その流れる様な文章と、正確な描写や表現に驚くばかり。今月のBook Clubの本「One Thousand White Women」を放ったらかしにして、没頭しています。

読書の秋、英語で本を読みたいと思っている方には、お薦めの一冊。あまり馴染みのない花柳界とはいえ、何しろ日本が舞台の物語。違和感なく、すんなりと入り込める作品です。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-20 11:55 | Book Club
秋のキッチン
f0024978_9505558.jpg
キッチンにある、ガラスの丸テーブル。カジュアルなディナーパーティーには大活躍ですが、家族4人で座ると、ちょっと寂しい感じ。向かい合って座ると、かなり離れてしまい、お皿や調味料を渡すのも一苦労。そこで思いついたのが、これ。そう、中華料理屋さんでよく見かける、回る台。こちらでは、Lazy Suzanと呼ばれています。

これを置いて以来、夕食がとても賑やか。回すのが楽しい子供達。普段は食べないものでも、Lazy Suzanに乗っていると、回したくてついつい食べるようになりました。ちょっと目が回るけれど、食べてくれるなら何回、回そうが、どんなに早く回そうが、私としてはおかまいなし。(笑)

秋になると、店先に並ぶミニチュアパンプキン。ひとつ50セント足らずなので、たくさん買って家のあちこちに置きます。

f0024978_951615.jpg
キッチンのアイランドには、spooky treeのキャンドル立てとハロウィーンハウス。夜になって、キャンドルに火を灯すと、なかなか恐い感じ。でも、今ひとつ迫力に欠けるような....。やっぱり、大きめのクモか烏が必要かも。恐怖路線にひたすら変更中。(笑)


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-19 10:52
"Gracie Designs"のブレスレット
f0024978_9571573.jpg
カントリー・フェアには、Graceも毎年オリジナルのジュエリーを出しています。5月に上の子にブレスレットを買ったばかりだし.....ビーズ&シルバーのブレスレットはもう持っているし.....と思いながら、新作のブレスレットを見ていると、Graceが「あなたが好きそうなの作ったのよ」と見せてくれたのが、これ。私の好きな数珠系デザイン、でもシルバーだけの組み合わせ。見事にツボにはまりました。(笑)
f0024978_9574045.jpg
Graceのデザインで特に好きなのが、留め具の横に必ずチャームがついているところ。小さいけれど、手元で揺れてとても可愛いのです。
f0024978_9575842.jpg
ひとつひとつ、全てデザインの違うシルバービーズ。特に気に入っているのが、この立方体のビーズ。プレゼントの箱みたいで、あまり見かけないデザイン。

私の腕のサイズに合わせて、いくつかビーズを外して調節してもらったので、$150のところ、おまけしてもらって、$145。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
by satchi_nakajima | 2006-10-18 10:39 | ファッション