カテゴリ:ひとりごと( 12 )
おもちゃ箱 東京
f0024978_15200581.jpeg
久し振りに住む東京は、まさにおもちゃ箱。一歩外へ出ると、あっちにふらり、こっちにふらり。なかなか目的地にたどり着けません (笑)。今日も、ふらりと吸い込まれた100円ショップで、もうその存在すら忘れていたものに遭遇。

「キャンロップ」

幼少期以来、見かけることがなかったキャンディーです。復刻版なのでしょうか? 小さい頃、母のバッグに必ず入っていた「キャンロップ」。訓練中の犬のごとく、何かにつけて、与えられていました (笑)。久し振りに口に放り込むと、なんだか「良い子」になった気分。

by Satchi_Nakajima | 2016-09-16 15:16 | ひとりごと
Hello Tokyo!
f0024978_07580611.jpeg
24年振りに住む東京。と言っても、4週間後には、戻りますが。それでも、やっぱり嬉しい。子供達が成長するにつれて、どんどん自由になる私。子離れ出来なくて、大変な自分を想像していたけれど、なんだか、かなりあっさりと子離れ中です。

by Satchi_Nakajima | 2016-09-15 07:57 | ひとりごと
エクササイズ 2
f0024978_13392880.jpg

と言う訳で、密かに通い詰めているのがここ、Orangetheory Fitness。通称OTF。40代の内に、しっかり体を作っておこうと、ジムを探していたところ、良いタイミングで近所にオープン。

f0024978_13394923.jpg

オレンジと黒を基調にした内装が、とてもクール。見かけから入る私には、もってこい (笑)。お洒落に頑張るつもりでしたが、これが、実はかなりのブートキャンプ系。グループエクササイズで、限界まで挑戦と言う感じ。叱咤激励+煽てられ、現在、完全に「豚も木に登っている」状態です。60分のクラスで、500〜600kcalを消費し、終わるとぐったり。でも、心地よい達成感が病みつきになります。

週2回通うつもりで入会したはずが、週3回に増え、今では、一日置きに。何事も、凝り出すと止まらない性格は、相変わらずです。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by Satchi_Nakajima | 2015-09-03 14:08 | ひとりごと
エクササイズ
f0024978_13110027.jpg

体を動かすことは好きなのですが、あまり長続きしない私。ヨガ→ダンス→zumba→テニス→ランニングと、エクササイズジプシー状態です。

「まずは、道具から」で、取り敢えずランニングシューズを新調。デザインが良ければ、履き心地がイマイチ。履き心地が良ければ、デザインがイマイチ・・・。ファッションなら、迷いなくデザインを選ぶのですが、ランニングシューズとなれば、そうもいかず、渋々履き心地を優先。

家に帰るなり「すごい色合い〜どうしたの?」と、子供達に言われ、ファッションにはとことん疎い夫にも笑われるという、仕打ちを受けています (泣)。

うーん、でも後悔しない。実は、現在密かにジムへ通い、肉体改造中。今に見てろ (笑)


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by Satchi_Nakajima | 2015-09-02 13:40 | ひとりごと
イチコロの瞬間
f0024978_859361.jpg
夫の会社のイベントに同席するため、Palo AltoのFour Seasons Hotelへ。一度に百人を超える人達に挨拶し、会話を交わすのは、ビジネスから離れて長く経つ私にとっては、結構大変・・・であると同時に、とても新鮮で刺激的。そして、何よりもこれを口実に、堂々とドレスや靴を新調出来るのが嬉しい(これが本音)。

f0024978_8594933.jpg
普段、家では子供達と悪ふざけばかりしている夫ですが、壇上でスピーチをする夫を見て、改めて惚れ直したり(笑)。スーツ姿できちんとしていると、なかなか格好いいじゃない・・・とか、まるでスピーチの内容は耳に入ってこない私。

夫や彼に、再び恋する時ってどんな時ですか?

私は、普段は見ることのない彼の姿を見た時。ホッケーの試合で見せる、真剣な横顔や、ビジネスで見せる自信のある笑顔。それだけで、一週間くらい、イチコロです(笑)。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2011-07-15 09:02 | ひとりごと
ご無沙汰してました
思うところがあって、「生活を変えよう!」と、突然立ち上がってしまったのが、2年前。家を売ったり、買ったり、引っ越したり。なかなか地に足がつかない日々を送っていたのですが、ようやくそれにも、一区切り。思い描いていた生活に、ほぼ近づいてきました。2年もかかってしまったけれど、時間をかけただけあって、一家で大満足。(というより、一家で相当単純なのかも)

ご近所さんと立ち話ししたり、子供達が、学校帰りに友達を連れて帰って来たり。以前の生活では、出来なかったことが、とても新鮮な毎日です。外にでると、野生動物ではなく、人がいることが何よりも嬉しく、ついつい立ち話も長くなってしまいます。

2年間音沙汰なしで、皆様にはご心配おかけしましたが、元気にしています。

時々更新していくつもりですので(更新の仕方や画像の処理を思い出し次第)、また、よろしくお願いします。
by satchi_nakajima | 2011-06-08 10:59 | ひとりごと
アメリカの未来
念のため、タイトルを変えました。前回、コメントを付けて下さった方々、重ねて、お詫び申し上げます。

f0024978_9234855.jpg


「人種のるつぼ」と言われるアメリカだが、実際のところ「人種」の壁は、かなり厚い。日本人として、日本で大学までの期間を過ごし、その後渡米した私にとって、初めてぶつかった壁が「人種」であった。言語や文化の違いは、学ぶことによって、いくらでも克服出来る。しかし、「人種」というのは、自分で選べるどころか、ましてや努力次第で変えられるようなものではない。ちょっとした差別を受けただけで、戸惑い、怒り、悲しみが交差し、複雑な思いが自分の中を占めた。

「人種差別」とは、全く理不尽なものであると、つくづく思う。自分の知らないものに対して、即座に拒絶反応を示す人、差別することでしか優越感を得られない人が、数多く存在することに、驚きを隠せない。「人種差別」には、「教育」が一番必要だと言われているが、「教育」さえ行えば、解決出来るような簡単な問題ではないことも事実だ。

アメリカにおける「アジア系」に対すると差別と「アフリカ系」に対する差別では、全く比較にならないと聞く。アフリカ系のアメリカ人が成功するには、並々ならぬ努力と、忍耐、寛容性が求められる。十年以上前に、夫が仕事を通じて知り合い、以来家族ぐるみの付き合いをしている、アフリカ系アメリカ人の家族がいる。ベンチャーキャピタリストの夫と弁護士の妻。2人の子供は、共にアイビーリーグの大学を出ている。もちろん、ここまで来るのに、順風満帆であった訳ではない。それなりの差別に遭いながら、苦労してきたはずである。また、成功を収めたことで、同じアフリカ系から、逆差別を受けることすらあったであろう。でも、この2人はその微塵すら見せない。社会的な成功を収めているにもかかわらず、謙虚で、物腰が柔らかく、高飛車なところは全くない。彼らに学ぶことは非常に多い。私が最も尊敬する人達の中に含まれる2人である。

ある時、2人と「人種差別」の話をする機会があった。当時、全寮制の名門高校に通っていた娘が、一部の生徒から「人種差別」を受けていると電話してきたそうだ。その時に、娘に伝えた言葉が、「It's not you. It's them.」人種差別は、異人種であるあなたの問題ではなくて、異人種を理解しない彼らの問題だ、という訳である。以来、この言葉は、私の胸に深く刻まれている。

理不尽なこととはいえ、相手が問題を理解していなければ、元も子もない。いくらこちらから説明しても、簡単に理解を得るのは難しいだろう。他民族を理解する「教育」はもちろん大切ではあるが、それに加え、何かが必要である。一体それは、何なのであろう。

ところで、その2人の友人の一人が、「次回の大統領選に立候補する」という話を3〜4年前に聞いた。同じく、アフリカ系のアメリカ人で、とても有能な人だと言う。インタビューや討論会を見るたび、「類は友を呼ぶ」ではないが、夫の友人と姿が重なる。実際に彼に会う機会は、私にはなかったのだが、2人の友人というだけで、彼が一体どんな人間なのか分かるような気がした。

その彼は、明日、アメリカの大統領に就任する。差別を乗り越え、成功した人間は強い。その強さは、柔らかい強さである。アメリカの「人種」の壁は、厚いけれど、乗り越えられないものではないことを証明した彼。もしかして、彼には、この難しい人種問題を解決する糸口を見つけられるのかもしれない。選挙のスローガン同様、何かが変わっていくような感覚を、国民が感じている。「乗り越えられない壁はない」彼が証明してみせたことは、多くの国民に、大きな力と勇気を与えた。アメリカの人種差別は、今、大きな転機を迎えている。
by satchi_nakajima | 2009-01-22 02:59 | ひとりごと
家計簿
f0024978_1504452.jpg

苦手なものを数えたらキリがないけれど、「どうしても克服したい」といつも思っているのが、家計簿。会計学を専攻したというのに、家計簿はからっきし苦手。会社の経理は管理出来ても、自分のうちの経理となると、正直言って、ずさんそのもの。肝心の夫も、「会計学専攻は、そっちじゃない」と責任逃れ。

毎月、月始めに「今月こそ!」と心を入れ替えるのですが、月も半ばになると、何だかうやむやに....。気が付くと、そのままその月が終わってしまいます。

でも、経済危機が叫ばれるこの時勢。締めるところは締めて、きちんとしなくちゃと、立ち上がることにしました。実は、毎月そう言って、立ち上がっているのですが....今月は本気。と言っても、今年購入した家計簿は、毎月10日あたりまでぎっしり書き込まれ、あとは空白のまま。ここには、希望が見いだせないので、家計簿ソフトを探すことに。

と言う訳で、いろいろと探してみましたが、未だにphotoshopで苦労している私。今は、CDを見ただけで、拒絶反応を起こしてしまいそうです。そこで、見つけたのが、Quickenのオンライン家計簿。月々の使用料は、$2.99。3ヶ月の free trial付き。コンピューターを選ばず、インターネットでアクセス出来るので、夫も手軽に使えます(ここが、かなり狙い)。

自分の口座にリンクさせるのも、スクリーンを前に叫ぶこともなく、あっという間に完了。呆気ないくらい簡単に家計簿が出来上がりました。あとは、アクセスする度に、自動的に更新されていきます。パイチャートを表示することも、月々の予算を設定することも可能。$2.99では、申し分のない機能です。

もう、これ以外に残る手だてはないという感じ。書き込む手間もいらないのに、これで続かなかったら、ちょっと問題ありかも....と、自分を追い込む私(笑)。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-10-17 15:04 | ひとりごと
火曜日の午後
家事も一通り済んで、そうそう玄関先のクモの巣を掃除しようと、外へ出た火曜日の午後。Kobeeが一緒に出て来ると、またややこしいので*、玄関のオートロックを解除し、ドアを閉める。

その途端、嫌〜な予感。いい予感は、全く当たらないけれど、悪い予感は、ほぼ100%当たる私。ためらいがちに、ドアノブに手をかけると、びくとも動きません...。持っているのはホウキだけ。

パニックというより、脱力感でいっぱい。ほとんど話したことがないお隣に、電話を借りにいくのも気が重い...どうする私...と、その時目にとまったのが、ダイニングルームの小さな窓。

f0024978_1134848.jpg

お隣に行って、恥をさらすくらいなら、何でもする心意気。誰かに見られたら、絶対警察沙汰。外側から、木の枝を使って網戸を外し、隙間から潜り込む。もう、泥棒そのもの。

でも、見事に成功。写真家目指すのやめて、そっちの道目指した方がいいんじゃないかと、ちょっぴり思ったりも....。 あっ、イルージョニストでもいいかも。燃えさかる箱の中から脱出とかね(笑)。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ


*最近、かくれんぼに凝っているらしく、名前を呼んでも、ちょっとやそっとじゃ出て来ません。こっちが探し出すと大喜び。一体どっちが、飼い主なんだか…
by satchi_nakajima | 2008-10-01 11:37 | ひとりごと
気になる言葉
f0024978_14175282.jpg

イタリア、アマルフィ・コーストの夕日。地中海の風に吹かれ、時折耳に入ってくるイタリア語。Antipastoをつまみながら、イタリアワインに舌鼓。もう、カリフォルニアには帰らなくていいかも...。夫に、イタリアで仕事を探すよう薦める私(笑)。

ところで、本題はイタリアでもなく、夕日でもなく、先週外出先で雑誌をめくっていて、気になった言葉「アラフォー」。今まで、聞いたこともない言葉。情けないことに、全く見当もつきません。「アラフォーなイタリア」「アラフォーな夕日」何だか、ちょっとしっくり来るかも....(来ない?)。

気になって仕方ないので、外出先から戻るなり、いきなりgoogle。結果、35〜45歳までの「around forty years old」を略して、「アラフォー」なのだとか。それにしても、aroundのアラとfortyのフォー、思いつきもしませんでした。むしろ、フランス語?何語?と考えていました。

日本では、たくさんある略語ですが、英語の略語は、なかなか頭に浮かびません。頭文字を取って、Federal Bureau of InvestigationをFBIに略したりすることはあっても、日本語のように、ファミリーレストランをファミレスのように、言葉の一部分をつなぎ合わせることはないような....。

気になるので、ずっと週末考えていましたが(かなり無駄なことに、時間使っています)思いつかずじまい。でも、まだ何となく気になる....(笑)。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ

と、ここまで書いて思いついたのが、カップルの名前。ゴシップ誌では、BradとAngelinaを合わせて、Brangelinaとか書くことが多いです。あ〜、なんかちょっとすっきりした。
by satchi_nakajima | 2008-09-22 15:14 | ひとりごと