2015年 12月 10日 ( 1 )
ヴィンテージ
f0024978_12012373.jpeg
実家に帰った時に、母のクローゼットから、くすねてきた (笑) エルメスのスカーフ。50年以上も前に、祖父が出張の折に、母にお土産として買って来たもの。

「こんな古いのでいいの?」と、母は言うのですが、こんなに古いからいいのです。お店で、母のために、スカーフを選ぶ祖父を思い浮かべながら、「フランス語が堪能だった祖父は、店員さんと何を話したんだろう」「数あるスカーフの中から、どうしてこれを選んだんだろう」と、いろいろな思いを巡らせるのが、とても楽しい。私が 3歳の時に、逝去した祖父を身近に感じる一瞬です。

太陽のように明るい母に、ぴったりなスカーフ。私は、母と違って、月のような人間ですが (笑)、このスカーフを見る度、気分が晴れやかになります。

by Satchi_Nakajima | 2015-12-10 12:00 | ファッション