2014年 01月 01日 ( 1 )
熱帯雨林
バケーションと言えば、ヨーロッパの都市や、サンゴ礁に囲まれた南の島へ行くのが好きな私。シエラネバダの山奥とか、ヨセミテの森の中でキャンプなんてもってのほか。大自然には触れたくないどころか、大自然は最も避けたいタイプ。

それが何を血迷ったか、子供達と夫に惑わされ(騙され)今冬のクリスマス休暇は、シエラネバダを一気に飛ばして、いきなりコスタリカのジャングルに行くことに同意してしまいました。もう、魔が差した、としか言いようがありません。

f0024978_22452866.jpg

f0024978_2246467.jpg


という訳で、上の子の期末試験が終わった日の夜の便でサンフランシスコを出発。サンサルバドル経由でコスタリカの首都サンノゼ到着すると、待っていたのは、小さなプロペラ機。12人乗り。しかも、プロペラは、機体の先端に、扇風機の様にちょこんと付いているのみ。

f0024978_2312582.jpg

f0024978_2325586.jpg


でも、大きな旅客機のように閉鎖された機内じゃないせいか、意外と怖くなく、写真まで撮れた余裕の45分(笑)

f0024978_2395653.jpg


空港は、管制塔もなく、簡素な滑走路が森の中に一本あるのみ。

f0024978_23145541.jpg


チェックインカウンター兼空港ターミナル兼バゲッジクレームで、スーツケースを受け取り、ここからジープで更に奥へ。熱帯雨林のジャングルはそう簡単には近づけないのです・・・。次回に続く(笑)
by satchi_nakajima | 2014-01-01 21:52 | 旅行