プランテーション・シャッター
window treatmentは、何をお使いですか?と言う質問を頂きました。

うちは、コンテンポラリーなデザインなので、ゴージャスなカーテンが合わない上、公道や隣近所から家の中が見えないので、treatmentらしいものはほとんどありません...。あるとすれば、日差しよけが目的のシンプルなものばかり。そして、カーテン系のものがない一番の理由は、私のアレルギー。ホコリに極度のアレルギーがあるので、極力カーテンやカーペットは避けるようにしています。

f0024978_1035616.jpg

と言う訳で、寝室は、プランテーション・シャッターを取り付けています。隣近所から見えないと言っても、やっぱり明るい朝の日差しの中で寝坊が出来るほど、神経は図太くなかった私と夫....。光を遮らないと、眠れない(笑)。

プランテーション・シャッターのいいところは、太いlouver(=羽板)を注文出来ること。うちのは、約9cmの幅があります。ブラインドのように、上まで上げることは出来ませんが、意外と閉塞感はありません。

f0024978_105339.jpg

窓を開ける時には、全体を手前に開けることが出来ます。

f0024978_1043670.jpg

何しろ、掃除が簡単。閉めて、さっと拭くだけ。柔らかい素材ではないので、思いっきりゴシゴシ出来ます。ちなみに、うちのは合成樹脂製。木製だと重い上、直射日光があたる部屋だと、louverがひわってきます(経験済み)。完全防水なので、汚れた時には、クリーナーをシュッと一拭きすることも出来、お値段も木製より低め。何だか、いいことずくしです(笑)。

f0024978_1051761.jpg

ただ、うちでは、気が付くとこんなことになっていたりします。秘密の読書スポットなのだとか。今日は、まだいい方。louverの間にブランケットを挟んで、本格的な隠れ家が出来上がることもしばしば...。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-10-30 10:17 | インテリア
<< sumoレスラー Sorrento ~Italy~ >>