ポンペイ
やれやれ、ようやく終わったかと思いきや、実はまだまだ...(笑)。そもそも、今夏のイタリア旅行が実現したのは、上の子の「ポンペイに行ってみたい」という一言があったから。(子供をダシに実行に移す術には、人一倍長けています)

と言う訳で、ローマから南下して、ポンペイへ。

実は、ポンペイと言われて、かなりおののいてた私。「灰にまみれた遺跡に点在する人の跡」を想像し、恐怖心でいっぱいに。子供の頃に行ったエジプト・ミイラ展に続く、恐怖の旅になるのかも...と心配していると、上の子が「Mommyってさ、あの灰で固まった人が、道端にごろごろしてるって考えてない?」すっかり、見透かされています。「そんなことはないから」と説明されても、何となく半信半疑のまま。

f0024978_13165237.jpg

実際のところ、発掘されたもののほとんどは、ナポリの博物館へ移され、残っているのは建物だけ。ごく一部の発掘品が、一カ所に集められて展示されています。この時点で、かなりほっとしました。

2千年前のポンペイの街並...石畳の小道が続き、二階建ての家が立ち並びます。現代の街並とほとんど変わらないことに、ここでも驚かされることしきり。

*遠くに見えるのが、ヴェスヴィオ火山。

f0024978_13182527.jpg

変わらないと言えば、街角のピザ屋も。カウンターの向こうにオーブンがあり、店内には、小麦粉のミルが。発掘当時、オーブンの中には、焼かれたピザが残っていたとか。

*三つ立ち並ぶのが、ミル。

f0024978_13173662.jpg

ポンペイ遺跡の中で、一番の豪邸。門の構えもさすがに立派です。

f0024978_13175960.jpg

邸内は、フレスコ画が施され、ゴージャスそのもの。2千年前の日本に住む自信はないけれど、2千年前のイタリアには、確実に住めます(笑)。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2008-10-10 14:35 | 旅行
<< 妖精の家 生け花 >>