むむむの続き
週末は、夫の気が変わらないうちにと、早々にOpen Houseへ。前回一人で見学したときは、心臓バクバクのあまり、家の詳細まではよく覚えていない始末。とにかく「気に入った!」の一言で、そのままスキップして家まで帰ってきた感じ(笑)。

築150年の歴史あるファームハウスを骨組みだけ残して、大体的にリモデルしたこの家。解体から完成までずっと見てきたので、中に入ったときは、まるで自分の家が完成したような気分。(自分の家ではないので、写真を撮ってお見せ出来ないのが、ちょっと残念)ストーリーがある家が大好きな私は、もうそれだけで骨抜き。しかも、庭には大きなCalifornia Oak Treeが2本もあり、とてもmajestic。

で、肝心の夫といえば、「いい家じゃない。」いい家は分かっています(笑)。聞きたいのは、その後のこと。

「でもさ、前の家を売った時、もう2度と家は売らないって言ってたの誰だっけ?」
「私だっけ?」
「引っ越しの最中、もう2度と引っ越ししないって言ってたのは?」
「それも、私だっけ?」
「今の家って、売る準備出来てるんだっけ?」
「..........。」
「なんかさ、庭掘り返してなかった?」

掘り返してました。パティオの工事と草花の植え替えのついでに、あっちもこっちもと手を広げ、とんでもないことになっています。

f0024978_16163967.jpg

拡張工事が終わったパティオは、そこから階段を延ばし、さらにもうひとつパティオを作っている真っただ中。

f0024978_1616543.jpg

枝からブランコを下げ、ピクニックテーブルを置いて、子供達の遊び場にしようと思っています。が、パティオの石と石の間隔がどうも広過ぎるような...。前回のゲート同様、なかなか自分が思い描くものに辿り着けず、苦労しているところです。

うーん。やはり夫の言うように、即座に住み替えるのは難しそう.....。でも、諦めが悪いことには、殊の外定評がある私(笑)。今日は早速、ステージング(家を売る前に、家の内外をきれいにする)のコンサルティング会社に連絡。住み替えには間に合わなくても、家がきれいになれば、それはそれでいいし.....でも、実は何気に本気(笑)。こういう状況に置かれると、俄然情熱を燃やすタイプです。


Happy Havanese
*ハバニーズ犬Kobeeのカリフォルニア生活*


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2007-10-30 16:19 |
<< こっちも工事中 かぼちゃ >>