怖いもの
f0024978_758563.jpg

子供達が怖がるものは、暗闇、クモ、お化け...と、その時々で変化するのですが、最近苦手になって苦労しているものと言えば、何と言っても、チンパンジー。日が暮れると、「チンパンジーが出てくる」と言って、外にも出ないどころか、自分の部屋にも行かれない始末。持っていたサルのぬいぐるみも、「見ると怖くなるから、隠しておいて」。かなりの重症です。

ことの始まりは、Discovery Channelで放映されていた、「Planet Earth」。イギリスのBBCが、5年の歳月を費やして、地球の様々な場所に焦点を当て、撮影したドキュメンタリーシリーズ。その「Forest編」を見ていた時のこと。熱帯雨林特有の美しいヘビや、カエルの映像に続き、現れたのが森の住人チンパンジー。そこまでは、どうということはなかったのですが、その後、縄張り意識が強いチンパンジーは、他のグループとの争いの後、共食いすることもあるという事実が明らかに...。

「かわいい」イメージが根底から覆される、凶暴なチンパンジーの姿に、愕然。怖がる子供達に、「カリフォルニアには、チンパンジーはいないんだから」と収めようとする私ですら、その夜チンパンジーの夢を見る始末。

以来、うちでは、「チンパンジー」という言葉が禁句に。冗談でも、「チンパンジー」と発せない状態です。子供達が真顔で、「チンパンジーが出てくるから....」と人前で話す度、不可解な顔をされるので、その都度、一から説明する苦労の日々を送っています。

Happy Havanese
*ハバニーズ犬Kobeeのカリフォルニア生活*


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by satchi_nakajima | 2007-05-08 08:16 | Kids
<< シャワーカーテンvsガラスドア Art Show >>