ブラック・フライデー
サンクスギビング翌日の金曜日は、「ブラック・フライデー」と呼ばれる、アメリカ最大のセールの日。"ブラック"なんて付くと、ちょっと怖い感じですが、実はこの"ブラック"とは、「どこのお店も売り上げが黒字になる」ことからきているもの。

この日の売り上げ次第で、その年のクリスマス商戦が決まると言われている位、お店にとっては一年で最も重要な一日。大型ストアーでは、$99のテレビや$300のラップトップコンピューターなど、「ブラック・フライデー」用の目玉商品を用意。それを目当てに、前日からテントを張ってお店の前で待つ人も出現します。

その「ブラック・フライデー」当日、行く気にはなっていたものの、「駐車場に入るだけで、1時間かかった」との友人からの電話で、根性なしの夫と私は、あっさりギブアップ。諦めが早いことだけが、自慢(笑)。地元のダウンタウンで一日を過ごしました。

f0024978_1039724.jpg
f0024978_10394437.jpg
今年はクリスマスプレゼントにマグカップをペイントすると、張り切っている子供達を連れて、まずは、Petroglyphへ。このPetroglyph、早い話が日本の楽焼き屋。気に入ったデザインのものを選び、色を塗った後は、お店の後ろにある釜で焼いてくれるところなど、日本と全く同じ。ただ、違うのはお店の雰囲気。こちらの楽焼き屋は、とてもお洒落。ペイントの種類だけでも、30~40種類はあり、講座も定期的に開かれ、かなり本格的です。

f0024978_1284684.jpg
f0024978_1282597.jpg
クリスマスショッピングに出かけたはずが、夫は新しくできたJoS. A. BANKで、コーデュロイのパンツやセーターを買い込み、私は私で、NY旅行用にと手袋やマフラーを買い、結局クリスマスのギフトリストは全くクロスアウト出来ずじまい....。まあ、地元の経済に貢献したからいいか、と変なこじつけをつけて、夕暮れのダウンタウンを後にしました。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

インテリアブログ
by Satchi_nakajima | 2006-11-27 07:35
<< いよいよクリスマス! Happy Thanksgiv... >>