お気に入りネックレス
12年間通った学校で、唯一許されていたアクセサリーが、十字架とメダイ(=メダル)のネックレス。卒業した当初は、「これでいろいろなネックレスが付けられる!」と、喜び勇んだものの、結局何だか落ち着かない感じ。今では、お守り代わりとしてだけではなく、キリスト教の教えを日々思い出させてくれる、大事な物のひとつとなっています。

f0024978_12252190.jpg
その中でも、特にお気に入りが、このふたつ。ダイアモンドの十字架は、夫からのプレゼント。カジュアルにもフォーマルにも合うので、一番出番が多いもの。その上の十字架は、Celtic Crossと呼ばれるアイルランドの十字架。アイルランドでは、キリスト教以前、Paganと呼ばれる自然崇拝の信仰が存在し、キリスト教が浸透していく過程で、Paganの太陽の神のシンボルと十字架が合わさったと言われています。

f0024978_1225489.jpg
ちょっと、ゴツめなデザインの十字架。辛口ファッションには、ぴったり。チェーンが長いので、長めにつけたり、二重にしてチョーカーとしてもつけられるところが、気に入っています。

f0024978_12261877.jpg
このメダイは、Miraculous Medal(=不思議のメダイ)と呼ばれるもの。1830年、聖母マリアがパリの修道女カトリーヌ・ラボールの前に現われ、メダイの型を示され、「このメダイを首に掛ける人は大きな聖寵を受けます。信仰を持ってこれを身につける人は聖寵に満たされるでしょう」と約束されたことが、由来。日本を離れる時に、友人のお母様から頂いたもので、以来大切にしています。


人気blogランキング

FC2 Blog Ranking


「メダイ」を検索していると、魚のメダイが出てきて、コンピューターの前で一人で笑い転げること数分....横で唖然としている夫に説明するものの、自分でも何でそんなにおかしいのか分からず、ただただ一人で笑うばかり。頭の中には、キンメダイやメダイの仲間が大行進。今日は、とことんまで笑いたい気分だったのかも。
by satchi_nakajima | 2006-11-08 14:35 | ファッション
<< Nordstromのセール ワイナリー >>